2016年10月 - 東京タウンベア お役立ち買取情報|東京タウンベア

東京タウンベア
  • トップページ
  • 初めてご利用の方へ
  • 買取事例

ビジネスブログ

2016年10月30日 [ヴィンテージ服について]
§ writing by KASA §

〜ヴィンテージとは〜

秋冬のファッションはシックな物が市場に多く出回る為、色合いや形などからヴィンテージ品に挑戦しやすい時期でもありますね。そこでふと疑問が・・・服のヴィンテージ品とは一体どのような物だろう?
気になったので少し調べてみました。

ヴィンテージとは「完成度が高い、古くて価値が高い、年代物の」といった意味で元々はワインの当たり年に使われていた言葉です。たしかに、ヴィンテージと聞くと真っ先にワインが思い浮かびますね。
ヴィンテージワインというのは価値のある高級なお酒ですのでそこから「ヴィンテージ=年代物で価値がある」と認識され、ワイン以外にも車やオーディオ、カメラなどにもヴィンテージと使うようになったそうです。

それでは洋服のヴィンテージとは一体どのようなものを指すのかと言うと、ワインの様に特別な年代などもなく、はっきりとした定義はないのですが、


・最低30年程度の年月が経ったものであること

・古いけど状態が良いもの

・現在では使われていない素材や手法で作られたもの

・数に限りがある、大量生産されていないもの


などがヴィンテージ服に該当します。

海外に比べると洋服の歴史が短い日本ではまだまだ日本製ヴィンテージと言われる服は少ないかもしれません。
スクラップ・アンド・ビルド(不要なものを壊し、新しいものを作る)で戦後経済を発展してきた日本ですから、
ヴィンテージ・アンティーク、それらの価値を理解する人が増えてきたのは近年なのではないでしょうか?

と少し話がそれましたが、
ヴィンテージ服と呼ぶには、ある程度の定義は必要だけれど決められた条件はないようですね。


〜いつか持ってる服がヴィンテージ品になる日がくるかも・・・!?〜


先程ヴィンテージ服には条件がないとお伝えしましたが、最低30年程度は経過しているものと考えると、
1980年代以前につくられた物で日本製の洋服が当たり前の様にヴィンテージ品としてお店に並ぶ事も近い気がします。
現在ではヴィンテージ服と言うとフランスやイギリスの18世紀から19世紀頃の服がほとんどなのが現状です。

日本の昔の服と言うとどうしても着物を想像してしまいますが、日本製の服だってデザイン耐久性機能性から言ってもヴィンテージと呼ばれるにふさわしいものがいっぱいあると思います。
ですので、みなさんの箪笥の肥やしになっている捨てるに捨てれない洋服も、もしかしたらヴィンテージ品になる日も近い・・・もしくはもう価値があるのかも!?

断捨離が流行ってる昨今ですので思い切って、ただ・・・そのまま捨てるのではなくリサイクル又はリユースという形の断捨離をしてみませんか?


それではまた・・・ご閲覧ありがとうございました(*˘︶˘*).。.:*♡






2016年10月27日 [貴金属の買取]
貴金属の買取はグラムでの買取が全てではない!

貴金属の買取などは今では買取業者の定番お取り扱い商品となっており、数多くのチラシやホームページで色々な買取業者が「金・プラチナ買取致します。」と謳っております。そのような情報が多い為、何処の業者に依頼して良いのか迷ってしまう事もあると思います。
そんな方に、貴金属の買取業者の選び方をご紹介させて頂きます。

1、金・プラチナの買取は少量であればグラムでの買取が全てではない。

チラシやインターネットなどで金の買取相場を調べると、1グラムの買取金額に目が行ってしまう事があると思います。例えば有名買取業者で2016年10月○○日の地金・買取相場が4,500円だとします。そしてご近所の買取業者で4,400円であれば差額は100円です。お持ちの金が100グラム以上であれば1万円の差がでますので有名買取業者にお持した方が良いですが、重量が少ない場合は、その店舗に行くまでの時間や交通費などを考えると、近くで売った方が、買取価格は安いですが、労力・交通費などを考えるとお得になる事もあります。ので、売却する際は一度ご相談するのも良いと思います。

2、指輪で土台が金やプラチナで上物の宝石の買取をしてくれるか確認する。


指輪などの買取でグラム以外でもっと大事な事は宝石の買取をしてくれるかどうかです。業者によっては金のみの値段を提示して宝石の価格を査定しない業者もあります。小さなダイヤモンドなどは値段が付かない事もありますが、販売を行っている店舗ですと金の部分にプラスして販売出来る為、逆に高額で買取してくれるお店もあります。また宝石の質が良ければ金の部分よりも宝石の査定が高額になる事もありますので一度ご確認する事をお勧めいたします。また電話などでお問合せの際は金の純度、24金なのか18金なのかを買取業者に伝えるのが重要になります。

まとめ

上記のように貴金属の買取はグラムだけではなくその他にも重視する事があります。金の重量・店舗のアクセス・宝石の価値などが重要です。また初めて金の買取を体験する方は相場などを何社か比べて相場感を掴むとスムーズにお取引が出来るようになると思います。いかが多少でも参考なると嬉しく思います。

不要お酒買取できるできる

最近チラシやテレビなどでお酒の買取等でかけますが、いったいどんなお酒が売れるんだろう?って思いますよね。また高いお酒しか売れないんでしょう?など思うと思います。
実は買取業者によっては安いお酒を買うところもあります。どんなお酒が一般的に売れてどんなお酒がなかなか売れないのかご説明していきたいと思います。

ブランデーやウイスキーはほとんど売れる
ブランデーやウイスキー売れる理由としましては何年、何十年たっても飲めると言うことです。ブランデーやウィスキーはアルコール度数が40%以上ととても高い蒸留酒になりますので酒の中でカビや微生物など繁殖ができない環境の為、長い年月寝かしておいても美味しく飲むことが出来る事から買取業者はほとんど買取します。飲めるといっても品質に問題ないことを前提になります。お酒自体品質に問題がないといっても一般の人は状態がわからないですよね。保存状態として日の当たらないところに置いておけば基本的には問題ありません。
ブランデー

ワインは古ければ古いほど高いのは本当?
ワインが古ければ古いほど高いと言うのは誤りがあります。あくまで年代が経過して飲み頃である場合は高額商品になっています。フランスワインなどで有名な五大シャトーのシャトームートンやシャトーラフィットなどいわゆる高級ワインはすぐに飲むには硬く、何年から何十年と言う年月を経て柔らかい味に変化します。このように長い年月を経て飲むことのできる場合は古くても高額買取になります。しかし毎年販売されている、ボジョレーヌーボーなどいわゆるデイリーワインなどは作って直ぐが飲み頃になっている為、このようなワインは年数が経つと買取できないことがあります。
ワイン
焼酎や日本酒など日本のお酒も売れるの?

焼酎などの蒸留酒にあたりアルコール度数が高いためほとんどの商品が長い年月経過しても買取可能です。しかしながら日本酒のようなお米を原料としている醸造酒は年数が経過するとお酒の色が変化したり品質が損われることがある為、1年2年以上経ってしまうと買取できないことがあります。
焼酎


お酒の買取は専門店がオススメです
専門店と専門店じゃないお店では買取基準が違うことがあります。一般的にブランド品や貴金属をお取り扱いする会社などでは、高額な商品などは買取していますが何百円など低価格の商品については買取しない事があります。しかしながらお酒の買取専門店はお店などでお酒の販売をしている為、お安い酒を買取が可能となっております。理由はお店の専門店でも安い商品を目当てに来店するお客様が多いからです。

いかがでしょうか?
上記のようにお酒の買取といっても種類によって買取基準や買取金額は様々です。お売りになる際は各お店に確認してみることをお勧め致します。

このページの先頭に戻る

東京タウンベア